水晶
立原美幸メール占い

Eテレで放送されている「陽だまり屋」ですが、陽だまり屋にはコノハという妖精の設定が登場します。

今回はコノハをスピリチュアル的な視点で考えてみます。

 

番組内の設定

番組内の設定ではコノハは安倍晴明さんが間違えて生んでしまった妖精となっています。

また、年齢は1000歳以上という設定があり「京都でもっとも存続が危ないお店」を見守る設定となっています。

 

スピリチュアルな考え方

ここからは管理人が考える設定を考えていきたいと思います。

 

陽田翔太は霊感がある

陽田翔太は妖精であるコノハが見えるということで、霊感があると言ってもおかしくありません。

 

コノハは御眷属

コノハは妖精というわかりやすい呼び名となっていますが、実際には翔太の御眷属と考えたほうがわかりやすいと思います。

 

御眷属とは

御眷属についてネットで調べると一族、従者と言った言葉が出てきます。

マンガやアニメで言えば夏目友人帳の名取さんが従える式のような存在のことです。

 

翔太は霊能者?

陽田翔太が御眷属のコノハをつかえているということは、陽田翔太は霊能者かもしれません。(妄想しすぎ)

夏目友人帳の名取さんを見ればわかりますが、霊能者の方々は必ず御眷属を従えています。

御眷属を従える理由は自分に影響を及ぼさないためです。

例えば、悪霊などと対峙する場合、自分の身に影響を及ぼす危険性があるため、御眷属さんに活躍してもらうことになります。

つまり、夏目友人帳の名取さんはリアルな表現をされているということになります。

話がそれましたが、あくまで考察ですが陽田翔太はああ見えて霊能者なのかもしれません。