タロット占い
立原美幸メール占い

電話占いでなぜ当たるのか?疑問に思っている人も多いようです。

実際、管理人が知人の人に電話で霊視を使った相談をしても電話で????とビックリとあきれた感じで言われてしまいます・・・。

そこで、なぜ電話占いで当たるのか?について管理人の考えを書いていきたいと思います。

こちらので紹介する内容はあくまで当たる人の事であり、当たらない人の事は含みません。

ですので、当たる占い師の場合どのように電話占いで当てるのか?について紹介していきます。

 

霊感が強い占い師

まず、電話占いで当たる占い師さんは霊感が強い方です。

霊感を使って相談者の発する言葉から相談内容に関してのイメージを読み取り、見えた内容を答えとして相談者に伝えてくれます。

ですので、恋愛の相談だったらその相手との将来が見えれば明るい未来ですし、別の相手が見えればその相手とは縁が無いようです・・・と伝えたり、また、深読みすると相手には別の相手が見えて来たり・・・。

霊感でどこまで霊視できるのか?が当たるか当たらないのか?のポイントだと思います。

 

タロットより直感

電話占いで霊感タロットで占う方もいるようですが、電話占いは正直時間をかけると相談者が料金を考えていやがります。

ですので、人気の占い師ほど時間をかけずに占います。

そのためにはタロットで鑑定していては時間がかかりますので、結局はその場の受け答えから鑑定内容を提示していかなければいけません。

となると、やはりタロットよりは霊視の方が早いという事になります。

 

電話での鑑定方法

管理人も二回ほど友人の電話占い(相談)について書いていますが、霊感が強い方はその人の意思を言葉から感じ取ります。

例えば管理人の場合、結婚についての相談をした際に身近にいる人の名前を伝えることで、その人のイメージなどを読み取るそうです。

管理人の知人はご先祖様から言葉を受けて相談に乗ってくれているようです。

また、恋愛になるかならないかという人の名前を伝えても、その人は結婚相手ではないみたい・・・と言われたり、別の相手が見つかるイメージが見えていたそうです。

ただ、その女性とどのようにして出会えるのか?についてまでは分からないため、管理人が思いつく女性と出会うためのシチュエーションをいくつかピックアップしたのですが、残念ながらどれも当たっていないようでした・・・。

ですので、イメージから受け取ることができる内容もあれば、その相手と出会うための手段までは分からないようです。

しかし、そのまだあったことがない女性の存在を確認することができました。

別の例を続けて紹介すると、仕事が思わしくない状況で悩んでいた時に知人に相談したときは、その仕事を続けていったことで悪い方向へ行くイメージが無いという鑑定をしてもらいました。

もし、その仕事を続けていて悪い状況の場合には、ハッキリと悪い状況が分かるそうです。

ですので、仕事でその時は良くない状況でも改善される可能性があるならという事で、仕事については安心して取り組んでいます。

 

まとめ

以上のように、管理人の知人の場合には相談相手の言葉からイメージを読み取り伝えることが電話占いの基本です。

タロットの場合にはタロットカードが提示した内容から読み解きますが、電話占いは相手の言葉から読み取ります。

言葉は「ことだま」と言いますが、思考から発せられたエネルギーですので、そのエネルギーを感じ取りその先を読めるのが霊感の強い方能力です。

ですので、電話占いで当たる理由は霊感が強い方が相手の言葉から感じ取ったイメージを伝える事という事になります。

ちなみに、管理人は霊感の強い方は結構な人数がいると思っています。

ただ、その能力について他人に話をすると変人扱いになるために言わないだけです。