水晶
立原美幸メール占い

電話占いで霊視ができるのか?疑問に思っている方も多いと思います。

そこで、実際に霊視の考え方について紹介します。

 

霊視について知ろう!

まず、電話占いの前に、霊視について知らばければ本当に霊視で占いができるのか?疑問に思ってしまいますよね。

多くの方が電話占いで霊視ができる先生に依頼をしても、それが本当に霊視だったのか?本当に当たっているのか?疑問に思うはずです。

そこで霊視について管理人の知識の中で紹介します。

 

管理人が霊視を知る理由

まず、霊視について適当に話をしていると思われると困るので、管理人がなぜ霊視について詳しいのか?について説明します。

管理人が霊視に詳しい理由は、知人に霊能者の方がいることと、霊視ができる同級生がいるなど霊視について直接見聞きしているためです。

ですので、具体的にどのように霊視しているのか?という話を聴いているため、霊視とはこういうものなのか・・・と一般の方よりは知識を持っています。

 

言葉、文字には意思が宿る

まず、霊視の前に言葉や文字にはその人の意思(エネルギー)が宿ります。

よく言霊という言葉を聴くと思いますが、言霊はその人が発する言葉の霊と書きます。

つまり、その人の意思が言葉には宿っています。

ですので、本当は悪口、マイナスの言葉(疲れた、だるい、めんどくさい)などは発してはいけません。

 

また、文字にも意思が宿ります。

このように文章に書いていたとしても、管理人の意思がこの文字に宿っているため、本当に霊能力がある方なら管理人がどのような人物なのか?本当に霊視について理解しているのか?すべて分かってしまいます。

たとえば、霊能力がある方に手紙やメールを送ったとしても、実際に書かれている内容と、その方が考えていることが違っていてもバレます。

それは、その人の意思が文字にかかれいてるため、文章ではなく感情が伝わってしまうからです。

 

また、怖い話かもしれませんが、能力が高ければ高いほどその先まで分かるでしょう。

霊視ができる方は相談者の言葉だけではなく、その方の状況、立場、守護霊など総合して回答をしてくれます。

ですから、タロットや風水といった運、統計学とはまったく違う鑑定方法です。

管理人がいつも言っているのは、占いと霊視はまったくの別物。

占いは当たるも八卦、当たらぬも八卦。

霊視はその人の現状、過去、未来を見てアドバイスをもらう方法です。

そんな馬鹿な・・・と思う方も多いと思いますが、実際の話です。

 

管理人も霊視などスピリチュアルについて分からない事を質問して答えを聴いているときに、そんなことありえるの?と疑問に思う事ばかりでした・・・・。

霊能者の方は一般の方からすれば想像を超える能力を持っていますよ。

ただし、偽物もいるのでご注意ください。

 

霊視の方法

残念ながら管理人には霊能力はないため、詳しく説明できませんが、霊能力が実際にある方の話では、相談者の意思や守護霊などと対話しながら悩みを聞いていきます。

もちろん、電話占いですから、その人の発する言葉やその人の情景などから鑑定することになりますが、全く問題ありません。

 

また、おかしな話と思われてしまいますが、力のある方の場合、電話の相手のことも実際に会って話をしているかのように分かります。

どのような状況から電話しているのか?も分かります。

その方の隣で相談に乗っていると考えても間違いではないと思ってください。

 

あくまで本当に力のある先生の場合ですので、すべての方がこのような力があると思ってはいけません。

 

霊視でも答えられないものもある

霊視の質問についてですが、相談内容によっては正直に回答できない問題もあります。

どういうことか?と言いますと、その人の悩みが他愛もない内容なら簡単に解決方法を提供できますが、その悩みがその人のために起こっていることもあるわけです。

これはスピリチュアルな部分になってしまいますが、悩みや問題はすべて自分が起こしてきたこと、自分のために起こっていることでもあるのです。

多くの方が「え???」「どういうこと?」となってしまいますが、スピリチュアルを学んでいると理解できる内容です。

 

電話占いをする方はそこまで学ばなくても結構ですから、とにかく霊能者に対する質問は、正直に解凍できることと、正直に解凍できないことがあります。

また、霊能者に解決方法を聞き出すことは、ある意味人生の中でカンニングをしているという事になりかねません。

ちなみに、霊視ができる同級生曰く、その人のために起きている、悩みや問題についての質問は守護霊様から何の返答ももらうことができないそうです。

ですから、本当に力のある霊能力者でも、助言できることと自分で解決しなければいけないことが存在することを覚えておいてください。

つまり、本物霊能者だからと言って、当てられることと、当てられない(答えられない)質問が存在します。

 

まとめ

身近に霊能者や霊感が強い人がいないとわからないと思いますが、言葉も文字にもエネルギーがあり、霊感の強い人はエネルギーを感じ取ることができます。

そのため、電話でもメールでも占いができます。

とはいえ、なかなか霊感が強い方はそうそう出会うことができませんので、電話占いを利用する際はご注意ください。