メール占いが当たる理由を教えます。
立原美幸メール占い

メール占いって本当に当たるの?と疑問に思っている方も多いと思います。

そこで、霊能者、霊感が強い友人を持つ管理人が、メール占いが当たる理由について紹介します。

 

文章からイメージを読み取る

霊感が強い人は、文章からでもその書き手の意識を読み取ります。

文章は書き手が意思を込めて書いています。

例えば、ラブレターを書くときは相手のことを思って、自分の気持ちをつづっていきますよね?

LINEでも相手のことを思って、どうしたい?いつがいい?どうするか?など対話をしていきますよね?

これらの短い文章でも、書き手の意思が込められているので霊感が強い人はその意思を読み取ることができます。

文章を読み取る内容として書籍の読み方についても紹介していきます。

 

文字には念が籠る

文章以外もですが、メールを書く際に念を込めて書きづつると思います。

メール占いの場合でしたら、その人の悩みを中心に文章に書き綴っていくと思います。

という事は、その文章にはその人の心の叫び、どうにかしたい、どうしたらいいのか教えてくださいという念が籠るわけです。

これらの念を霊感が強い占い師さんが受け取る事で相談者の状況を受け取り、その悩みについての答えを結果として提示しています。

もちろん、電話占いの場合にはその人の言葉を通じてイメージを受け取っているだけのことです。

 

霊感が強い人の読書方法

メール占いが当たる理由を別の視点で紹介すると、霊感が強い人が読書をする場合について説明していきます。

一般の方の場合、本を読む場合にはストーリーなどをイメージしながら読み進めていくのが普通だと思います。

しかし、霊感の強い方は書き手の意思を読み取れるため、書き手の意識も読み取りながら読書ができます。

小説などの場合にはあまり関係ないかもしれませんが、例えば専門的な難しい書籍、自叙伝などは書き手の意思を読み取りながら読書をします。

つまり、その人がどのような意思、どのような体験をしてこの文章にしているのか?を読み取っていきます。

ですので、一般的な人よりも深い読み方ができるわけです。

このように書くと、何言ってんの?うそでしょ?と普通の方は疑うと思いますが、残念ながらこれが真実です。

もし霊感がある方が読んでいるとしたら、本当に分かって書いている!と理解していただいていると思います。

 

文字だけでイメージを受け取る

ある霊感が強い占い師の方の話ですが、その方は占いの予約をプリントアウトしたときに、手にしたときにその人のことが見えてしまうそうです。

しかし、その方は霊感ではなくタロットカードを利用して占いをされています。

タロットカードは使う人次第でカードを読み取る力も変わってきます。

このように、霊感が強い方の場合、文章だけでもどのような状況なのか?理解できる能力があります。

もちろん、霊感が強い方なら、誰の事を書いているのか?イメージで受けとられていると思います。

そう、あの人のことですw

 

まとめ

霊感が強い方が身近にいればあるある話ですが、霊感が強い方が身近にいないと絵空事のように聞こえると思います。

頭おかしい人だな…と思われるかもしれませんが、これが現実です・・・。

だからこそ、霊感が強い方は自分から霊感があるとは言いたがりません。

ですので、メール占いが当たる理由は、霊感が強い方がメール占いをされているのなら、当たるはずです。

しかし、霊感が強い方がメール占いをされているかどうか?は素人ではなかなか見抜くことは難しいと思います。